ネット副収入が会社にバレないように気をつけること

副業、会社にバレない為に…

 

どうも、桐谷です。

 

サラリーマンをやっている人が会社を辞めて独立し、晴れて雇われの身から解放されるには、まずは副業から始めて、ある程度収入が安定してからが安全です。

いきなり会社を辞めたちゃったりすると上手くいかなかった時に取り返しのつかないことになりかねませんからね。

そこで、サラリーマンがまずは副業として取り組むとして、最も適しているのがインターネットを使った副業なんです。

要するに、ネットビジネスですね。

ネットビジネスなら、時間や場所に制約がないので副業としては取り組みやすいし、本気で頑張れば必ず成果を出せますから、既に副業として取り組んで実際に成果を出してる人も多いです。

そこで、サラリーマンが副業に取り組むとしてひとつ問題が出てきます。

それは、

サラリーマンが副業でネットビジネスをしたら会社にバレるんじゃないか?

ということです。

この問題はみんな気になる問題です。

僕もサラリーマンをしながらネットビジネスを始めた頃は、まだ1円も稼いでないのに会社にバレることに怯えていましたからねw

では、副業をしていることは会社にバレるのか?

結論を言うとバレます、、、が、安心して下さい。

バレると言っても何の対策もせずにやってたらバレる可能性があるよって事です。

つまり、きちんと対策をしていれば副業が会社バレすることは防ぐことができます。

最近では、働き方改革だなんだといって副業を認める企業も増えましたが、またまだ禁止の会社も多いです。

バレたら即クビ。なんてこともあるでしょうし、たとえ副業が許されていたとしても同僚や上司から変な目で見られちゃったりすることもあるので、できるならバレずにやった方が良いです。

そうならない為にもきちんとバレないよう対策をして、安心した副業をしていきましょう。

なぜ副業が会社にバレるのか?

では、なぜ副業が会社にバレちゃうことがあるのか?
この理由について説明していきます。

住民税

最も気をつけなければいけないパターンその1ですね。

会社員であれば誰もが支払っている住民税。

この住民税、気をつけなければ副業がバレるケースがあります。

住民税とは年間に稼いだ所得の額に応じて課税されるので、副業で稼ぎが出ている場合、その稼ぎの分が会社から支払われる給与に上乗せされる形となり、その分住民税の額が高くなってしまうんですねー。

住民税は会社に対して請求が行き、会社の給与担当者があなたの給料から天引きするのが普通なので、同じくらいの給料をもらっているはずの同僚と比べてあなたの住民税の金額が多ければ、

おや?もしかして会社からの給料以外に収入があるのか?

と疑われ、結果的に副業が会社にバレる、といった具合です。

住民税から副業バレしないためには対策が必要です。

それには、副業で稼いだ分の稼ぎを給料とは別に自分で確定申告して住民税を納付する方法です。

確定申告と聞くとめんどくさい印象を受けるかもしれませんが必ず必要です。

確定申告をしなければ、いわゆる脱税で=犯罪となります。

毎年3月の確定申告で書類作成の際に「住民税に関する事項」という項目を【自分で納付】にチェックを入れて提出する。

こうすることで(普通徴収)という扱いになり、副業で得た収入分だけ切り離されて、あなたに直接住民税の請求がいくことになります。

これで住民税による会社バレは防げます。

税務署や区役所などに行ってちゃちゃっと済ませて下さい。

副業で稼いでることを自分で言いふらす

このパターンもあるあるです。

副業を始めたばかりの頃や、ちょっと稼げるようになってくると、金銭的には余裕が出るし、自分の力だけでお金を稼いだわけですから、どーしても会社の同僚や友達に自慢したくなります。

特に飲みの席なんかでは気が大きくなってたりしてついつい自慢気に話しちゃうんですよねー。

会社では同僚達と競い合ってるわけですから自慢して優越感に浸りたくなるんですよ。

そして、同僚に話しちゃうと上司や会社に密告されて副業がバレるのは時間の問題だと思って下さい。

まず間違いなく話しは広まって副業が会社にバレると思っておいていいでしょう。

そりゃ自分より良い思いをしている人がいたらおもしろくない気持ちになるのは無理のないことでしょう。足を引っ張りたくなっちゃいます。

ちなみに、あなたのことを心配して親切心から上司に相談してくれる、「有難迷惑なパターン」ってのもあります。

いくら仲の良い同僚だとしても安心はできませんよ。

そして、そこそこ稼ぎが大きくなってくると急に羽振りが良くなったり、身に付ける物が豪華になったりして怪しまれるケースもあります。

そこは自慢したい気持ちをぐっとこらえて、心の中で同僚を見下して優越感に浸ることで消化するしかないです。それはそれで気持ち良いですよw

副業で稼ぎが安定しだすと、例え自分より会社から高く評価されている同僚や、偉そうにしてる上司だろうが大したことない奴に見えてきますからw

ネット上に本人を特定できる内容を書かない

次に、ネット上に勤め先の会社名や写真を添付したり、自分を特定できる内容を書かないようにしてください。

メルマガ等を発行するようになると、「特電法による表記」といって個人情報の記載が必要になります。

ここで本名を記載した場合インターネットで自分の名前を検索されればヒットしてしまうんですね。

これを防ぐには個人情報の記載された画像を作成して、それを添付することで解決します。

バレないように気をつけましょう。

副業はあくまでも脱サラするまでの金銭的準備段階ですので辞める会社にバレても問題無いように思いますが、バレてしまうと何かとめんどくさいです。

対策も難しいものではありませんし、バレないに越したことはないのでしっかりと対策をして安心した副業ライフを過ごしてくださいね。

ではでは!

この記事は参考になりましたか?

参考になりましたら、 ランキングの応援クリックをして頂けると 嬉しいです。

人気ブログランキング

メルマガコミュニティ

サイドバーメルマガ改-min